竹林への栄養補給! 施肥(せひ)でタケノコの育成

タケノコの栽培は非常に奥深いものがあり、施肥といっても一言では語れないのですが、全体的なメカニズムを下記に整理したいと思います。

タケノコには肥料が必要?

「竹林」や「竹やぶ」などと呼ばれる竹が生えている土地は、最近では管理されていないと、どんどんとタケノコが生え、竹に成長し、密集し荒れ放題になってしまう「竹害(ちくがい)」という問題が全国的に発生しています。

このように、タケノコは竹やぶの中であれば勝手に生えてきて成長するイメージがあるかもしれません。

実際に、肥料をまかなくてもタケノコは出てきます。

しかしながら、タケノコの「量」をたくさん収穫しようとすると竹やぶに肥料を与える施肥(せひ)を行うことが必要になります。

これは、先輩タケノコ農家さんもみなさん同じように仰います。

「肥料はやらなあかん」と。

タケノコ・竹も野菜と同じように植物なので、やはり肥料=栄養があるほど良く育ちそうですね!

肥料をやってなくてもおいしいタケノコが生えてきているなら、肥料をやることでさらにおいしいタケノコが生えてきそうです!

元気な青竹(^^)  阿波たけのこ農園 筍姫の里

タケノコ生産を増やすためのメカニズムとは?

上述したように、肥料をやるとタケノコの生産量は上がりそうですが、なんでなのか?

そこで、タケノコが生えてくるメカニズムを調べて考えてみました。

一般的な野菜は、

」を撒いて、「」が出て、成長して「を増やしたり」「がなったり」します。

一方タケノコは、

地下茎」から、「芽子」が出て、成長して「タケノコ」になり、「」になります。

こう見ると、野菜の収穫量を増やすためには、たくさん「種」をまいて、出てきた芽を成長させることを考えれば良さそうです。

しかしながら、タケノコが生えてくる種はありません。タケノコがたくさん生えるためには、「竹の地下茎」から「芽子」がたくさん出てくるよう促す必要がありそうですね。

この、「芽子」とはいわば「竹の子供」のようなもの。タケノコも「竹の子」と書いたりもしますしね!

竹が元気な状態であると、子どもであるタケノコも出てきそうです!

竹やぶへの施肥にはどんな効果があるの?

施肥をおこなうことで、竹の葉に活力を与えて光合成(同化作用)を活発に行わせることにより、養分を作らせます。

地下茎へ同化養分がたくさん流れるようになることで、芽子の形成数が増加し、タケノコがたくさん生えることにつながります。

もちろん、養分がたくさんあるほうが、味も良くなります!

少し生物的な専門用語が難しかったかもしれませんが、要は

「竹やぶに肥料をやると、竹が元気になって、タケノコがたくさん生える」

ということです!

元気に育っているタケノコたち  阿波たけのこ農園

タケノコの肥料ってどんなものを与えればいいの?

肥料については、またまた野菜と比べながら見てみましょう!

一般的な野菜の栽培に必要な栄養成分は、特に重要な下記3種があります

窒素(N)・リン酸(P)・カリウム(K) 略してNPK!

「肥料の三要素」とよばれるこの成分は、要素ごとに効果が異なります!

窒素 ⇒葉っぱの成長を促す!

リン酸 ⇒花を咲かせ、実をつけることを促す!

カリウム ⇒根っこの成長を促す!

葉っぱを食べる野菜、実を食べる野菜、根っこを食べる野菜など、野菜の種類によって成長させたいところは違いますよね!

そこで、どの部分を成長させたいかによって、3要素の配合が異なるさまざまな種類の肥料が販売されています~Σ(・□・;)

葉物野菜は、葉っぱ育てたいから「窒素」多め~

根菜は、根っこ育てたいから「カリウム」多め~ など、

各要素NPKの配合比が数字で示されています! NPK=1:3:6 など

 

タケノコ・竹の栽培に必要な要素は、↑で出てきたNPKの他、ケイ酸を加えた四要素が重要になってきます。

この四要素で中心となるのは「窒素成分(N)」で、短期間での竹の成長や急激なタケノコ肥大などの重要な働きを担っています。

また、一般的な野菜にない要素である「ケイ酸」は、竹の耐寒・耐暑、耐病虫害などの抵抗力を高め、竹を強くします。

「竹はシリカが入っとるけん、硬い~」とか「シリカがあるけん加工するのに工具が傷む、燃料にしたときにボイラーも傷む」といった話を本職の加工業のほうで良く聞きます。

よく言われるシリカというものは、さっき出てきた肥料の要素「ケイ酸」の化合物なんです!他の作物にない、竹の特別な成分というもの頷けますね(^^)

そして、窒素が大事!ってことは、竹・タケノコは野菜でいうと「葉物野菜」ですね~(根菜っぽいけど)

竹はシリカ(ケイ酸)は入っとるけん硬い~  阿波たけのこ農園

そんな特別な肥料どこにあるの?

ケイ酸とか特別なのが入った肥料なんてどこにあるんだろう!?

心配は無用です!

タケノコ栽培には、タケノコの栽培に特化した専用の肥料が農協さんなどで販売されています!

20kg入りの袋でドーンと販売しています!

たけのこ専用肥料  阿波たけのこ農園

というのも、結構な量をまきます。このくらいで仕入れを行いますよ~

↓こんな感じでどんどんと肥料まいていきますので!

竹やぶに肥料をまく様子  阿波たけのこ農園

有機栽培にも取り組んでいます!

施肥としては、竹に必要となる特殊な要素などの兼ね合いもあり必要に応じて化成肥料を施肥します。

しかしそれだけでなく有機栽培・いわゆるオーガニックな農法にも取り組んでいます。

植物性のたい肥を併せて用いることで施肥効果を高め、土壌水分を保ち、太陽熱の吸着を高めるなどさまざまな作用があります。

阿波たけのこ農園の教えとして、「たけのこを掘った穴には、葉っぱなどをしっかり詰める」というものがあります。

やがて土に還り、タケノコになり、竹になる自然の循環も大切にしていきたいと思っています。

阿波たけのこ農園のブランドたけのこ「筍姫」はどこで買えるの?

さて、竹に適切な肥料を与えながら栽培した美味しいたけのこ「筍姫」

オンラインショップで注文を受け付けられるように準備を進めております(^^)

お店などでの販売は現在はありませんが、通信販売を中心に、その他直接販売・直接注文も受け付けております!

美味しいタケノコをみなさまに味わって頂けるように頑張ります💪

たけのこの名産地・徳島県阿南市福井町の「阿波たけのこ農園」のオンラインショップ(設営中)はこちら↓

https://takenokohime.theshop.jp/

筍姫の販売にむけて頑張ります!  阿波たけのこ農園 筍姫の里

参考文献: 新特産シリーズ タケノコ 栽培・加工から竹材活用まで・農文教・2010

2020秋 竹間伐 ~なんでタケノコには竹伐採が必要?~

暑くて暑かった夏もそろそろ終わりですかね(^^)

朝夕は特に寒くなって来ました~

竹の寿命

竹は「竹林」という全体でみると、放っておくとどんどん伸びて広がっていくイメージがあるかもしれません

でも、「竹1本」という単位でみると、寿命は10~15年といわれています。

しかも、その竹が親竹としてタケノコを発生させるのは5~7年目までだとか(‘Д’)

タケノコの発生の母体となるのは、竹の「地下茎」から「芽子」がついて、これがタケノコになったり、地下茎に分岐したりするからです。

地下茎からタケノコの発生は、タケノコが竹に成長した2年目から始まり4年目で最大となるとの調査結果があります(◎_◎;)

生殖行為を伴うわけではないですが、次の世代を育てていくのは、やはり若いパワーが必要なんでしょうか!?

また、親竹は10年目くらいから順次枯死していきます。

荒廃した竹林に倒れているのは、10歳以上の竹たちなのでしょうか。。。

タケノコの生産のために

竹の寿命やタケノコ発生を考えると、あまりタケノコの発生を促さない年のいった竹より、たくさんタケノコの発生を促す若い竹がたくさんあったほうがどんどんタケノコが出てきそうですね!

そこで、タケノコの生産を促しどんどん次の世代に出てきてもらうためには、歳のいってきた竹を伐採して若竹の比率を増やしてあげることが竹林の活性化にもつながります!

若竹 阿波たけのこ農園

なんで竹の伐採は秋・冬?

寒くなると人も縮こまるように、他のいろんなものも縮こまったり活動量が落ちてきたりします。

夏はあれだけどんどん伸びまくってた草たち、あれも秋になって落ち着いてきました~

僕たち私たちも、夏の暑さであれだけ汗かいたり水飲んだりしてたのが、落ち着いてきましたよね。時には寒さに縮こまるくらいに。

動物は、恒温性を持つもの、変温性を持つものがあります。植物も、年中葉っぱをもつもの、葉を落とすものなどいろいろありますし、いろんな生き物は季節の変化にあわせて適応していきます。 (生物好きなんで、別記事で詳しく書くっす🤤気が向いたら)

なにはともあれ、竹や木は秋以降、活動量(代謝など)が落ち着き、人間が汗かいたり水飲む量が減るように、水の移動が少なくなり落ち着きます。

ここ、絶好のタイミングなんです!

何が絶好かというと、「竹を素材」としてみたときにいい感じなんです。この安定した時期に伐採した竹は丈夫で強い!簡単に腐らない!

これは、杉をはじめとした樹木でもおんなじ。

暑い中、虫も蛇も出てくる中で竹刈るのしんどいし嫌!というだけでなく、竹を生活に使う道具の素材として活用していたからこそ秋冬に伐採してきていたんでしょうね(^^)

なにはともあれ竹伐採が(コウセイの手によって)そろそろ始まります。

いい感じの竹がいっぱい出てくるよ!お問合せお待ちしてます💪

タケノコ販売に向けても再始動してきます~

竹林の葉っぱで柏餅づくり

柏餅の葉っぱって何?

柏もちっていうくらいやから、あの葉っぱは「柏」だと思うじゃないですか・・・

徳島では、どうやら柏ではないようです!!!!!

果たして何のはっぱなのか!?(正解は後ろの方にありますよ♪)

柏餅の作り方

①葉っぱを探す

竹林で葉っぱを探しますよ~

②葉っぱをとる

必要分を収穫します!

③あんをつくる

ここからはお家に戻り調理をしていきます。

団子粉にあんこを混ぜて練りこんでいきます

こどもたち。。頑張れ~!!!

④葉っぱにあんを包む

葉っぱにあんを乗せ、包んでいきます。

↓のように鮮やか!

包んだ柏餅(徳島Ver) 阿波たけのこ農園

⑤蒸す

はい、ここまでくればあとは「せいろ」などで蒸していきます。は~、いい匂いしてきましたよ!

蒸すと、色味が変わりますよ~

いつも見慣れたやつです!!!

まめ知識

以下、参考の柏餅の概説です。(出典:Wikipedia)

カシワの葉を用いた柏餅は徳川九代将軍家重から十代将軍家治の頃、江戸で生まれた。カシワの葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄(家系が途切れない)」という縁起をかついだものとされる。江戸で生まれた端午の節句に柏餅を供えるという文化は、参勤交代で日本全国に行き渡ったと考えられているが、1930年代ごろまではカシワの葉を用いた柏餅は関東が中心であった。カシワの葉でくるむものが生まれるより前にサルトリイバラなどの葉で包む餅が存在し、カシワの自生が少ない地域ではこれが柏餅として普及していた。その後韓国中国からカシワの葉が輸入されるようになったこともあり、カシワの葉でくるむ柏餅が全国的に主流となっている

なお、「柏」の字は本来はヒノキ科針葉樹コノテガシワを指す漢字で、コノテガシワは柏餅に使う葉とは全く異なる。柏餅に用いるブナ科のカシワには、厳密には「槲」の字を使うのが正しい。

餡の種類は、つぶあんこしあんがポピュラーであるがそのほか「みそあん」も用いられる。京都では、白味噌餡を用いているところもある。また亜種として餅が蓬餅で作られたものも近年存在している。カシワの葉を用いた場合は「かしわもち」と呼ばれることが多く、他の植物を用いた場合に「しばもち」など地方により異なる名称を持つ。

包んでいる葉は個人によっては食べる場合も食べない場合も存在するが、一部では、材料費を抑えるためにカシワの葉を象ったビニールシートで餅を包んだものが売られている。カシワの自生が少ない近畿圏以西ではサルトリイバラの葉が用いられることもあり、「かしわもち」の他、「しばもち」、「ちまき」、「かからだご」、「おまき」、「だんご」、「いばらもち」など地方ごとに特色のある名称が用いられている。ホオノキミョウガナラガシワコナラなどを利用する地域もある。葉の大きさにより包み方が異なり、カシワでは「くるむ」ことが多く、サルトリイバラでは「はさむ」ことが多い。東北北陸山陰地方などでは端午の節句にはちまきを用いる地域が多い。

徳島の「柏餅」の葉っぱとは

美味しく食べていた柏餅 「子孫繁栄を願うもの」だったんですね!

サルトリイバラの別名は「山帰来(サンキライ)」

山にもんてこいよ~(戻って来いよ~) もしくは もんてきたよ~(戻って来たよ~) なんでしょうね(^^)!

竹林(山、里山)にはなんでもあるんやな~としみじみ です!

流しそうめん用の竹の加工方法

暑くなってきました~

暑い夏といえば、流しそうめん

流しそうめんといえば、「

竹林で切り出した青竹を流しそうめん用の竹に加工するまでの様子を紹介します。

用意するもの

・青竹  必要な長さ分

・ノコギリ

・竹割り刃(ナタなどでも可)

・金づち

・グラインダー(なければ紙やすりなどでも可)

加工の方法

竹林から切り出した青竹  阿波たけのこ農園

まずは竹を必要な長さにカットしていきます。ノコギリで切り落としますよ~↓↓

流しそうめん用の竹の切り方  阿波たけのこ農園

次に、竹を縦に割っていきます。

刃を竹の中心にあて、ハンマー(なければ竹でも可)で叩いて下まで割っていきます。

破竹の勢い」という言葉がありますよね、これは 竹が一旦割れはじめると一直線に割れていく様子のように、止めようがない・止める方法が見つからないほどの勢いがある場合、スピードが早い場合に対してのみ使われます。

また、「木元竹末(きもとたけうら)」という言葉があるように、木は元(根っこの方)から割るのに対して、竹は末(先の細い方)から割ります。

一番下の節付近まで割れてくると、最後は一気に両断します!これが破竹の勢い ↓↓↓

流しそうめん用の竹の割り方  阿波たけのこ農園

割った竹には「節」が残っています。これがあるとそうめんが流れないので、とっていきます。

金づちで叩いていくと、パリッととれますね。

流しそうめん用の竹の節のとり方  阿波たけのこ農園

ここまでくれば、なんとか流しそうめんできるレベルになるのですが、もうひと手間かけると格段にきれいに、そして安全に使えるようになります。

節の部分、割った竹の側面をきれいに磨いていきます。

「グラインダー」という木工機械を使うと作業が早いのですが、なければ紙やすりなどでも代用して磨くことができます。

流しそうめん用の竹の仕上げ  阿波たけのこ農園

待ちに待った流しそうめん!

程よい傾斜を設けて設置し、水を流せば流しそうめん!

仕上げた竹で流しそうめん!!  阿波たけのこ農園

説明文つきの3分ムービーはこちら↓↓↓

流しそうめんの竹 作り方

竹の販売などについては是非ご相談ください(^^)

竹やぶで春の山菜 「山うど」(^^)

竹やぶにて遅出のタケノコ掘りや下草刈りを行っていると、春の山菜「山うど」たちがお出迎えしてくれていました^^

↓↓↓

山うどがお出迎え

いくつか生えている山うど みつけられたでしょうか!?

春の山菜「山うど」  阿波たけのこ農園 筍姫の里

山ウドもウドも同じ春の山菜です。

酢味噌和えやきんぴら、てんぷらなどおいしいですよね♪

ウド独活/うど)または山うど山独活)はいずれも同じもので、ウコギ科タラノキ属の多年草で、同じウコギ科タラノキ属のタラの木(タラの芽をつける木)とは違います。タラノ木(タラの芽が出るやつ)は木ですが、山うどは草です。

土から顔を出したばかりの新芽の部分や、ある程度育ったものの茎や若芽の部分が食用になりますよ~(^^)

スーパーなどで売られている白くて太いものは、山でみられるものとは違い室(むろ)の中で光に当たらないように育てられています。(軟化うどとも呼ばれるようです)

山でみつけるので私たちは「山うど」って呼んでいますが、 栽培しようと思えば育てられるようですね~(@_@)

竹やぶの草刈り&山のご褒美

タケノコシーズンが終わり、タケノコは竹に成長していくのと併せて、下草もどんどん伸びてきます(^_^;)

田舎にいる方はよくわかると思うのですが、特に5~7月の草の伸び方って半端じゃないんですね

一気には草を刈って回れないので、適宜順番にできる時に草を刈っていきます。

成長して木みたいになっていない、柔らかい草なら草刈り機で十分対応できるのです!

草刈りの様子↓↓↓

阿波たけのこ農園 竹林の下草と草刈りの様子

竹やぶ全体にこの作業を行う・・・

しかも、一回刈ったらおわりではなく、草の成長に合わせて数回行います。

しかし、こうやって下草が元気に伸びてくるのも、秋~冬の間に十分に竹林の整備・間伐をおこない林床が明るくなったからこそ!(竹の数を減らすと、竹の影が少なくなり、地面にお日様の光があたる)

竹1本あたりの面積が広くなると、その分一本一本に栄養がいきわたりたくさんのタケノコが出てくるようになるのです!!!

竹林と畑の間の法面はとくに厳しかったです↓↓↓

法面の草刈り  阿波たけのこ農園

草刈りのご褒美

草刈りをしていると、たまにご褒美に出会いますよ(^^)

山のご褒美(^^)  阿波たけのこ農園

山うど!!

春の山菜ですね~♪おいしく頂きます!

タケノコの成分・栄養とは

たけのこの栄養ってあるの??なんの成分が入っているのかちょっと想像できないですよね。とりあえず食物繊維がめちゃくちゃ入っていそうなのは想像できますが(^_^;)

そこで、タケノコの成分を少々調べました!

タケノコに含まれる栄養

なんとタケノコには、食物繊維はもちろん、それ以外にもたんぱく質の一種であるアミノ酸などの栄養素が多く含まれています。!

タケノコの栄養ってどうなってる!?  阿波たけのこ農園

ゆで筍の100gあたりの成分は下記のようです

・エネルギー 26kcal

・水分 90.8g

・タンパク質 3.6g

・脂質 0.2g

・炭水化物 4.3g

・カリウム 520mg

・マグネシウム 13mg

・リン 63mg

・鉄 0.4mg

・ビタミンB1 0.04mg

・ビタミンB2 0.11mg

・ビタミンC 10mg

・食物繊維 2.8g

出典: 林野庁ホームページ↓↓↓

https://www.rinya.maff.go.jp/j/tokuyou/take/takenoko.html

意外といろいろ入ってる!!!!!

9割が水分ですが、ざっくりいうと残る1割のうちのタンパク質、炭水化物、食物繊維が 1/3ずつを占めるみたいな感じです!その他にもいろいろな微量元素(ミネラル的なもの)もたくさん含まれているみたいですね!(^^)

カロリーは少なく、必要な栄養素はミネラル含めたくさん入っている!タケノコ、栄養的にもめっちゃいいですね^^

(筋肉増やしたい人、筋トレ後にごはんと一緒にかきこんでね!)

また、注目の成分についても調べてみました!

チロシン

チロシンはアミノ酸というタンパク質を構成する有機化合物の一種で、筍に含まれている代表的なアミノ酸です。切った筍や茹でた筍に見られる白い結晶がチロシンで、筍の旨味の指標となっています。

カリウム

カリウムは、人間に必要なミネラルの一種でナトリウムを排出する作用があり、塩分の摂り過ぎを調節してくれています。そのためカリウムは高血圧の予防に効果があると考えられています。

食物繊維

食物繊維は人間の消化酵素では消化されない物質のことで、お腹の調子を整える整腸効果や、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下などさまざまな機能を持っていると厚生労働省が報告しています。

出典 もぐうぇる  https://mogwell.karadashift.jp/80044

ふむふむ、「チロシン」という成分が筍の旨みにつながっているようです!

しかし、 この「チロシン」というアミノ酸が、収穫から時間が経つと、酵素と結び付いてアク成分へと変わってしまうようです。

そのため、収穫後に時間がたってしまったら、食べる前に「アク抜き」が必要です。

つまり、掘りたてタケノコはアクもなく、旨みも強いということですね!

掘りたて「筍姫」 アクがなく旨みが強い!  阿波たけのこ農園 筍姫の里

生産者である僕らは茹でるのめんどくさくて、きってそのまま料理に使ったりしてますが、それは新鮮だからこそだったんですねΣ(・□・;)

「筍姫」は、少しでも新鮮な状態でお召し上がりいただけるように掘った翌日には到着するように発送しております。

店舗などで、数日以上のタイムロスをかけて販売されているものとは全く違う新鮮さ

産地直送だからこその味を皆様にご賞味いただきたいです(^^)

アク抜きのメカニズムについては、別の機会に報告します!

2020春シーズンの竹林整備の振り返り

たけのこ掘りシーズンが落ち着いてきたので、今シーズンに取り組んだ竹やぶ整備を振り返り

タケノコって「竹の子」とも呼ばれ、その名のとおり元気な竹の根っこ(地下茎)から生えてきます。

生えてきたタケノコがそのまま成長すると、なんとなんと・・・

竹になります!!!

当たり前って思うかもしれないですが、知らない子たちもいるんですよ・・・(^_^;)

竹は生命力が強いので、どんどんとタケノコが生え、大きくなって竹になり、古い竹は倒れる。

このような流れでどんどんと荒廃していってしまいます。

「荒廃」というと、ちょっとびっくりする方もいるかもしれません。なんせ、人間の手が入らないのが豊かな自然という考えもありますからね~

では、ちょっと管理不行き届きの竹林をちょっとご覧ください↓↓↓↓

ちょっと荒れてる竹林・・・

けっこう荒れてる!!

古い竹は、倒れたり、木に引っかかったりして、殺伐とした雰囲気ですよね・・・

ただ、ここは毎年最低限のタケノコ掘りをしているような竹林です。

一切タケノコも掘らずに放っておかれれたらと思うと、荒廃はこんなものでは済まないはずです(^_^;)

竹林も「里山(さとやま)」と呼ばれる、自然と人とが共生する環境のひとつです。

先ほどの荒れた竹やぶも、古い竹、倒れた竹を切り出し、運び出し、棚を作ると見違えるようにきれいになりますよ~! ↓↓↓

2020春 整備していい感じの阿波たけのこ農園

どうでしょう!? きれいになりましたね! 

竹やぶ、そしてそこに暮らす人も含む生き物たちがあっての環境です

阿波たけのこ農園 筍姫の里では、今後さまざなま教育や体験も行う予定です。

お楽しみに!!